Can Using Non-verbal Communication Improve Human Acceptability of Robots? (非言語コミュニケーションは人間のロボットへの許容性をこうじょうさせることができるか?)

Abstract:

From toy robots to Q&A machines, the number of robot and automated machines around us is increasing day-by-day. Until now, for robots to be accepted by humans, researchers have invested a huge amount of time on voice and speech recognition techniques and even tried to make robots more “real”. All research done so far is valid, but still robots fail to be accepted by many people creating a feeling of creepiness and making people uncomfortable around them. To overcome these barriers, non-verbal communication has to be studied and embedded in future robot designs so people feel comfortable interacting with robots. This research will focus mainly the uncanny valley, non-verbal communication, and robot’s development in the future. Finally, there is a discussion on if people can accept humanoid robot.

要旨:

現代において、IT技術の発展により、家庭用のものから産業用のものまで様々なロボットが生活に普及している。今日に至るまで、多くのロボット研究者たちがロボットをより人間に近づけるため、音声や会話認識の技術の向上に力を入れてきた。しかしながら、まだ多くの人が人間らしいロボットに不気味さや不快さを感じる。この障害を乗り越えるために、研究者たちは非言語コミュニケーションをロボットに組み込むべきである。本文では、不気味の谷、この障害を乗り越えるための非言語コミュニケーション、将来のロボットの発展の3つに焦点を当てている。そして最後に、人間がヒューマノイドを受け入れることができるのかを議論する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *